木製の6.5寸重箱修理例


京都府、N様より

 

外側はきれいで一見修理が必要なの?と思うような重箱でしたので、内側のみの塗替え修理をさせていただきました。

 


修理前の状態

修理御依頼いただいた時の外側の状態です。

外側だけでは、どこを修理するの?というくらい綺麗な木目がでた重箱です。


修理する前の重箱
修理する前の重箱

傷みは内側や天渕の部分に見られました。

 

とくに天渕は、木肌が見えています。

本体の裏、蓋の裏も木肌が見えてみます。


修理する前の重箱
修理する前の重箱

渕の部分にズームアップして撮った写真です。

内側も木肌が見えます。

 

塗ってずいぶん経っているため、漆が痩せて木目の凹凸が見えます。

 

※漆を塗って長年経過した木製の漆器は、漆が時間をかけて木の中に染み込んでいき、木目の凹凸が見えるようになることを、「痩せ(やせ)」という風に表現します。


修理する前の重箱
修理する前の重箱

 

 

こちらは、蓋の裏側です。

 

足の部分の木肌が見えていました。


 表の見える部分は、きれいな状態であること。木目を活かした重箱であることから、表面はさわらないで、内側のみ塗替え修理をすることになりました。


修理完成後

修理した重箱
修理した重箱

内側、底、天渕とも全て綺麗に塗替えしました。

 

漆のつやがとてもきれいで、外側はまったく触っていませんが、今まで以上に木目が映えて、美しくなりました。


修理した重箱
修理した重箱

天渕、内側をアップして撮った写真です。

 

職人さんの丁寧な仕事が手に取るようにわかります。



今回の修理期間は?

☑ 約2ヶ月


今回の修理費用の目安は?

☑ ~15,000円

  ※あくまでも参考になさってください。サイズ・色・修理内容によって異なります。


備考

 わざわざ遠いところを、重箱を持って御夫婦でお越しいただいたお客様です。

こんな田舎までお越しいただくなんて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

外側が目スリになっていて、シンプルだけど素敵な重箱ですね。塗替えたことで、これから永く御愛用いただけることと思います。

 

N様、どうもありがとうございました。