お盆が滑りやすくなった原因は?

お問い合わせをいただく中で、すべり止めのお盆を使っているのだけど、以前より滑りやすくなったという声が聞かれます。

 

すべり止め加工というのは、透明のノンスリップの塗料を吹付塗装するのが一般的ですが、フッ素加工などと同じように、使用している年月の中で少しずつその塗装がはがれているのかもしれません。ノンスリップ加工を施してあるお盆というのは、修理しにくいものではありますが、密着力が以前より弱くなることをご了解いただければ修理させていただいてます。

 

 

購入して数ヶ月で、最初は滑らなかったのに最近滑るようになってきたというお客様が以前いらっしゃいました。

1枚サンプルを送ってもらって確認しましたら、お盆の塗装面の上に油膜がついていて滑りやすくなっていました。(特別に目に見えるわけではありませんが、触った感じや表面の色などで判断しました。)

 

洗浄する際、しっかり油分を落としてなかったことが原因だったので、送られてきたお盆を家庭で使う食器用洗剤でしっかり落とした結果、元のすべり止め効果が復活したということがありました。

 

まずは洗剤でしっかり洗ってみて、OKであれば、修理の必要もありません。

 

日頃のアフターケアが大事です。