職人さんにも得手・不得手があります。

全国に漆器産地があって、漆器産地で得手・不得手があります。

 

こちら越前漆器は、漆塗りやウレタン塗装の漆器(食器)が得意な産地です。

 

手塗り漆の職人さんもいれば、吹付塗装の職人さんもいます。

 

そこから、お椀や鉢など丸いものを塗る職人さんもいれば、お盆や重箱など四角いものを塗る職人さんに分かれていきます。

 

漆器のさまざまな工程ごとに、得意な職人さんがいて、商品によってそれぞれ得意な職人さんにお願いすることになります。

 

また、仕上げが早い職人さん、すごく塗りが丁寧な職人さん、金をきれいに塗る職人さん、ラインを描くのが得意な職人さん、変わった加工が得意な職人さん・・・

 

一人一人違って当たり前なのですが、そういった職人さんの「癖」を上手に活用しながら商品作りをするように心がけています。修理も同じように、職人さんの「癖」を上手に活用していければと思っています。