プラスチック製丼椀の修理にかかる前に必ずする事は

日本料理屋さんから修理の丼椀の塗り直しの依頼です。

 

普段から親子丼やカツ丼に使っている丼椀だそうです。

 

お椀のフタやオヤの高台の角部分にきれいに取り除かれていない油分が残っています。

目に見えなくても、全体的に薄く油膜が張っていることが多いです。それを丁寧に取り除くだけで艶(つや)が蘇ることもあるくらいです。

 

まずは、油分をきれいに取り除くことが大事です。

 

ぬるま湯に食器用の液体洗剤を入れて、しばらく漬け置きしてから、手洗いで一つ一つ脂分を取り除きました。