蒔絵はお椀一つからでも描けますが、割高にはなります。

蒔絵というのは、漆器などに絵を描く技術なのですが、

 

蒔絵師さんといって、蒔絵を描く専門の職人さんがいます。

 

越前漆器は分業制で、

 生地をおこす人

 塗る人・研ぐ人

 蒔絵や沈金のような加飾(かしょく)をする人

 

このように専門の職人さんの手が加わって製品が出来上がります。

 

なので、蒔絵師さんは絵を描くのが専門

 

もちろん一つからでも描けます。

 

ただ、型をおこしたりという手間もありますので、数が少量の場合はどうしても割高になってしまいます。いわゆる手間代がかかるということです。