砂研ぎは、砂をとばして素地に傷をつけます。

写真のように、凹凸がある製品を塗りなおす場合ですが、塗装をかけて塗りなおす前に「研ぎ」をします。

 

「研ぎ」といっても、この場合凹凸があり、細かい溝に手が入っていかないので、ペーパーで研ぐことは無理です。

角ばった部分もなかなか隅々まで研ぐことは難しいものです。

 

こういった時に便利なのが「砂研ぎ」です。

 

砂研ぎは、機械で砂を飛ばして、研ぎたい部分に砂をあてるので均等にまんべんなく研げることになります。

↑砂研ぎで研いだ状態です。このようにきれいに砂があたります。

 

研いで傷をつけて、塗料の密着をよくします。