内側がかなり剥げてしまった状態のお椀を修理します

お椀の内側がかなり剥げています。生地肌も見えて、このお椀では汁物をいただくことができないですね。

 

熱いお汁を入れるので、使っているうちに、漆が変色して、黒が緑っぽくなっています。この緑っぽい状態はこのブログでもなんどか紹介しています。

 

これは、木製ではありません。一見木製に見えますが、木乾製品です。木乾は、樹脂に木の粉を混ぜています。

写真のお椀は、木乾の中でも木粉が多めに入っている製品です。

 

このお椀の塗り替えは、漆ではなく、高品質の吹き付け塗装で進めました。洗浄機も対応の塗装です。

外側はきれいなままでしたので、内側だけ塗り替えました。

 

黒塗りの吹き付け塗装といっても、ピンからキリまでありますが、この塗装は上位ランクの塗りで、匂いも全く気になりません。塗りの技術も高い職人さんが塗装加工していますので安心してお使いいただけます。