修理品は塗る前が大事。

ずいぶん前から使われてきた丼椀。

ご依頼いただいたお客様は、知り合いの方から譲り受けたとおっしゃってました。

 

研ぎをして解ったことですが、以前にもなんどか修理されているようです。

 

目に見えない程度のヒビや凸凹などがありましたので、しっかり錆をして仕上げています。(黒い部分が錆の部分)

 

錆をしなくても、それなりに綺麗に塗り上がるとは思いますが、これから少しでも永く使っていただくためには、塗る前の見えない部分の作業がとても大切です。

 

なんでも土台、基礎が大事と云われますが、修理作業も同じことです。

 

土台で手を抜かないよう、しっかりした仕事をしていきたいものです。