木質樹脂製のお椀の漆塗替えをしました。

神奈川県 K様よりご依頼いただいたお椀の塗替え修理です。

 

木質系樹脂(樹脂の粉の中に木の粉を混ぜて成型)で、もともと漆塗りのお椀です。

ちょっと大きめのお椀でした。具だくさんの雑煮や豚汁のお椀としてはちょうどいいのでしょうね。

 

手塗り漆での塗りかえをご希望されました。朱の色はなかなか同じにならないので、なるべく近い色で塗替えるということでご了承をいただき、修理にかかりました。

 

※このお椀の朱の色は、いわゆる黄色味がかった「淡口」(たんぐち)の朱です。

 

もし、このお椀にヒビが入っていたら綺麗に塗り替えることは難しいのですが、ヒビはまったく見られず、口があたる部分が漆が剥げている状態でしたので、この場合は、新品同様になります。

 

 

 

修理期間は1ヶ月ほどでした。

お椀の漆の塗替え修理
お椀の漆の塗替え修理

漆のつやがとてもきれいな朱塗りのお椀に仕上がりました。

 

漆塗りの場合は、できれば半年は寝かせておく(使わないで保管しておく)のが理想です。

半年の間に、漆特有の臭いもなくなり、しっかり乾いて丈夫なものになります。

 

K様、ありがとうございました。