欠けたお椀の欠片がない場合は、こくそ漆で形を整えていきます。

縁が欠けたお椀の修理
縁が欠けたお椀の修理

縁が欠けた木製椀の修理について

 

欠片がない場合は、「コクソ(刻苧)」を使って元の形を復元します。コクソとは漆に木の粉などを混ぜて作ったもので、漆が接着材代わりになり、乾くと大変丈夫なものになります。

木製の漆器のヒビを埋めるには、コクソを使って埋めていきます。

 

欠けたお椀にコクソをした状態
欠けたお椀にコクソをした状態

 

 

これは、上のお椀ではありませんが、以前欠けたお椀にコクソで形を復元した状態の写真です。

 

埋めて、研いで、埋めて、研いで、の工程を繰り返して、形を整え段ができないように平らにします。

 

塗る前のこの作業で出来上がりも変わってきますので、ここが重要なポイント。

 

すべて塗りかえれば、新品同様です。