木製重箱の割れた部分修理

木製重箱のフタ 割れた部分の修理
木製重箱のフタ 割れた部分の修理

重箱のフタの角が割れている状態です。内側に蒔絵も入っていることと、刷毛目の塗りになっているという理由で、部分修理することになりました。

 

この朱の色は淡口といって、黄色味がかった明るい綺麗な朱です。

 

そして、修理した写真です。↓ ↓ ↓

 

 

修理後
修理後

この色の違いはどうしようもないんです。

 

おなじ淡口の朱で塗ってはいるのですが、塗りたてはとても黒っぽいのが漆の特徴です。年月を経て色がだんだん出てくるので、同じような色に近づいてくれることを祈るばかりです。

 

ただ、割れの部分はすっかり元通りになりましたので、ご使用に差し支えるということは全くありません。