仏膳、仏椀、高月の塗り直し例

長野県 M様より

 

仏膳、仏椀、高月など塗りが剥げているということで、塗り直しの御依頼をいただきました。修理例を紹介します。

丸高月の修理

高月 修理前
高月 修理前

ところどころ塗りが剥げてしまっていて、木肌が見かけられました。全て漆の朱で塗り直しました。

高月 漆塗り修理完成
高月 漆塗り修理完成

六角高月の修理

3面が金箔貼り仕上げで3面が黒塗り仕上げになっています。黒の部分も金箔貼りの部分もところどころ傷みがあり剥げていたので、同じような仕上げで修理しました。

この金箔に関しては、「本金箔」または「まがい金箔」のどちらかをお選びいただくことが可能です。今回は、「まがい金」で仕上げました。

 

※金箔貼りのお値段ですが、どれだけ使うかで変わってきます。ちなみに本金箔を使う場合は、まがい金箔の1.5倍~2倍のお値段がかかります。

六角高月 金箔の修理前
六角高月 金箔の修理前

高月 漆塗り・金箔貼り修理完成
高月 漆塗り・金箔貼り修理完成

仏膳の修理

仏膳の修理前
仏膳の修理前

ヒビなども見られ、相当傷んでいる状態でしたので、こちらも全て塗り直しで承りました。

仏膳の修理完成 美しいです。
仏膳の修理完成 美しいです。

仏椀の修理

仏椀の修理前
仏椀の修理前

割れてかなり隙間が空いているお椀のフタ(写真右手前)は、木工師さんに木を埋めてもらってからの修理でした。全て塗り直しました。

仏椀の修理完成!
仏椀の修理完成!

今回の修理に関して

傷みがひどかったため、すべて塗り直しました。

M様も修理できるところを探しておられたようで、今では修理しているところがなくなり、ネットで私たちのサイトをお探しいただいたようです。

 

漆塗りの修理をする職人も以前と比べると本当に少なくなってきたようで、産地によってほとんどいなくなったという話も聞きます。

 

ちなみに、高月や仏膳は角物師、お椀は丸物師の職人で、モノによって専門の職人が携わっています。

 

今回は約4ヶ月かかりました。

修理費用は5万円ほどでした。

※漆器修理は一つ一つ違いますので、あくまでも目安としてお考えください。