屠蘇器 銚子の折れた取っ手の接着と漆塗り修理

熊本県 I様よりご依頼いただきました。

屠蘇器の銚子の取っ手が折れてしまい、修理して使いたいということでした。

 

修理前

銚子の取っ手が折れてしまった
銚子の取っ手が折れてしまった

何か所か折れていますが、折れた部分がすべて揃っていますので、接着して漆塗りを施します。

ただ、接着して漆塗りだけでは、耐久性が心配ですので、接着した後で布を巻いて丈夫にし、漆を塗って仕上げます。

修理後

屠蘇器 銚子の取っ手を接着、漆塗り修理
屠蘇器 銚子の取っ手を接着、漆塗り修理

取っ手の部分のみを修理しました。

漆の朱の色が全く同じではないですが、写真で見る限りではほぼ近い色になりました。

取っ手の部分は、漆を塗る前に布で補強してますので、簡単に同じところから折れるということはないと思います。

 

■今回の修理費用

6,000円

※修理費用は、傷み具合によって一つ一つ変わりますので、あくまでもご参考程度にお考えください

 

 

■今回の修理期間

約3ヶ月