盛皿の修理

東京都 H様からご依頼いただきました。

ご結婚された時に、お義母さまから頂いたもので、気に入ってずっと使っていた盛皿で、気づいたら角がめくれてしまっていたそうです。

 

 

合板で作られた盛皿の修理
合板で作られた盛皿の修理

目立った傷などはありませんが、縁周り部分の塗りが剥がれています。

 

 

合板で作られた盛皿の修理
合板で作られた盛皿の修理

※合板とは、薄い板を重ねてプレスして、接着剤で固めて作られた板のことです。

 

写真をよく見ると、接着が剥がれて隙間が出来ています。

この隙間から水分が入ることで、どんどん傷みが進みますので、この状態で使い続けることは避けたほうがいいですね。

 

まずは、接着をして、元通りの形に整えます。

 

 

↑接着剤を隙間に流して、しっかりくっつくように道具を使ってしばらく固定します。

 

このあとに、縁周りの漆塗り直しをして完成。

 

 

元々、ウルミ色でしたが、朱の漆で塗り直しました。

縁の色が変わるだけで、雰囲気も多少変わります。

ウルミ色も素敵でしたが、朱色も華やかですね。

 

 

盛皿の修理完成!
盛皿の修理完成!

今回の修理費用

約5,000円

 

今回の修理期間

約1か月半