· 

漆の朱の色

漆器の修理で、色と艶を合わせるというのはなかなか大変なことです。

色でいうと、漆の朱は特に難しいなと常々思っています。

 

朱色といっても、黒っぽい朱、鮮やかな朱、黄色みがかった朱などいろいろあり、

部分的に直す場合、すごく悩む時があるのです。

 

仮に、同じような朱色だったとしても、

漆は経年変化を起こして明るくなっていくので、

そこがまた厄介なところなのです。

 

以下、漆の朱色の違いを写真で比較してみました。

 

【銀朱】

 

黒っぽい朱の色

 

艶は、やや消えている

透け感が出るので、年月を経て角の部分などに下地の黒が透けて見えてくるのが味わい深い

 

※写真は塗って間もないので、もう少し明るく変化していきます。

 

【赤口朱】

 

最も一般的とされる漆の朱

 

鮮やかで、艶がある

 

 

【半々朱】

 

赤口朱より明るく、淡口朱より暗い朱

※調合して作っている

 

艶がある

【淡口朱】

 

オレンジがかった朱

 

明るく、可愛らしい印象

艶がある

このほかにもあるのですが、職人によって使う漆の色は違います。

自ら色を調合する職人もいますし、色というのは本当に難しいです。

一番近い漆の朱に更に調合して色を作るという事もありますが、私たちはこの4種類から一番近いものを選んで塗り直しています。