· 

印籠の塗り直し例

富山県 T様からご依頼いただいた印籠の漆塗り修理例です。

なかなか珍しい品物で、古くからのものを大切にされていらっしゃいます。

 

 

修理前

私自身、初めて印籠というものを手に取って拝見しました。

印籠は、古くは印・朱肉を入れていたそうですが、江戸時代から薬を入れるようになったそうです。

 

外側は凹凸のある乾漆の塗りで、色は濃い茶色。

ところどころ塗りの剥がれている部分がありました。

部分の修理となると、直したところが目立つので、外側全体を同じような風合いで仕上げることにしました。

 

 

修理後

凸凹した乾漆塗りで仕上げました。

内側はそのままで触っていません。というのも、内側を塗ってしまうと、漆の厚みが出て閉まらなくなる恐れがあるからです。

同じような雰囲気にしあげることが出来て、安心しました。

 

■今回の修理費用は?

30,000円~

 

 

■お直し期間

約2ヶ月

 

 

■お客様の声