· 

白木の曲げわっぱ弁当箱の内側を朱漆に塗り直し

広島県 土村様よりご依頼いただいた、曲げわっぱ弁当箱の塗り直し事例です。

 

修理前の状態

曲げわっぱ弁当箱の黒ずみ
曲げわっぱ弁当箱の黒ずみ

曲げわっぱ弁当箱を2つ、お預かりしました。

外側は傷みもなく、綺麗な状態でしたが、内側に黒ずみが見られました。

匂いも気になるということでした。

 

この黒ずみは、ペーパーで研いでも、完全に取り除くことができません。

また、曲げわっぱの板自体、それほど厚みがあるものではありません。

 

カビではないとしても、

黒ずみが出来ると、躊躇して使いづらくなるというお気持ちは分かります。

 

私たちが提案したのは、外側は触らず、内側を拭き漆にする方法です。

拭き漆にすることで、黒ずみが目立たなくなるからです。

 

そして、お問い合わせいただいたこともあり、内側を朱の漆で塗るという方法でも提案させていただきました。

漆を塗ることで、黒ずみは全くわからなくなります。

ただ、下地、中塗り、上塗りと、作業工程も増えるため、拭き漆と比べるとどうしても費用が高くなります。

 

今回は、ご検討いただいた結果、漆の朱塗りで塗り直すということになりました。

 

 

 

修理後

曲げわっぱ弁当箱の漆塗り修理
曲げわっぱ弁当箱の漆塗り修理

内側を漆の朱に塗った写真です。

黒ずみは、当然見えなくなりましたし、朱に塗ったことで風合いが変わりましたが、これはこれで素敵なお弁当箱になったと思います。

漆には抗菌効果があると言われていますので、お弁当箱には最適な天然の塗料です。

 

向かって左のお弁当箱は、外側にほぼ傷みがなかったので、全く触っていません。

向かって右のお弁当箱は、元々クリヤー塗装が施されていたのですが、剥がれている部分もあり、多少の傷みが見受けられたので、クリヤー塗装を再度施しました。

 

 

今回の修理期間は?

約2ヶ月

 

 

今回の費用の目安は?

お弁当箱1セットあたり、10,000円前後