· 

木製蒔絵付四段重の修理

大阪府 Y様から木製重箱の修理をご依頼いただきました。

 

外側一面に豪華な高蒔絵が施された四段重です。大きさは7.5寸×7寸、比較的大きめのお重箱です。

外側からのぱっとした見た目は、十分使えそうな感じに思います。

 



ただ内側は、本体にヒビ割れなどはありませんでしたが、剥がれは所々にあり、蓋の脚部分も破損でなくなっていたりしました。

 

蓋の裏、本体の内側と裏は全て塗り直しをし、外側は部分修理で対応することとなりました。

 

 

蓋裏の脚がなくなった部分は木を継ぎ足して塗り直します。

形をつくるには、コクソ漆でという形を作ることもできますが、大きく破損している場合は、期間や丈夫さの面から木の継ぎ足しを選択しております。

修理後



塗り直した漆はとてもつややかになったかと思います。継ぎ足した木も漆を塗れば、どこを継ぎ足したのかわからなくなります。

 

外側からの写真だけでは、それほどの変化が感じられませんが、これからも十分お使いいただける重箱になったと思います。

木製重箱は大変高価なものですので、これからも大事に永くお使いいただけると嬉しいです。

 

■お客様の声をいただきました

■今回の修理費用

75,000円前後

■今回の修理期間

2ヶ月ほど

173797