· 

綺麗に仕上がって満足。漆器そのもの大好きです。

お花見弁当箱の漆塗り修理
お花見弁当箱の漆塗り修理

◆修理依頼品:お花見弁当箱

 

【修理前のお気持ち】

田舎の実家には、江戸、明治の頃の漆器が残っていて、修理の必要があるものばかり。

とりあえず、お弁当箱を修理、塗り直しにだしてみようということに。

藤沢在住で、都内、鎌倉の漆器扱いの店に見積もりしてもらったりしていましたが、なかなか決断に至らず、そのままになっていて・・・

 

【修理依頼のきっかけや決め手】

インターネットで、「ヒロセ」の完成品を見て。

木製八十椀の製造として創業ということ、産地として信頼できると思って問い合わせた。

 

【お手元に届いた時の感想】

きれいに仕上がっていて、満足している。

伝統として残していかなくてはいけないし、漆器そのもの大好きです。