· 

修理を通して物の価値というものを改めて考えさせられました

蕎麦猪口の漆塗り修理
蕎麦猪口の漆塗り修理

◆修理依頼品:蕎麦猪口

 

【修理前のお気持ち】

どんな仕上がりになるのか。いくらかかるのか。

気に入っているものとはいえ、新品を買った方が安いとなると、どうかなぁと悩んでいました。

 

【修理依頼のきっかけや決め手】

漆器は修理ができることは以前から知っていました。

親から教わっていたことに加え、輪島に旅行した際に、漆器店でお話を伺ったことがあります。

ヒロセのことはネットで知りました。

決め手は丁寧な見積もりでした。また、塗り直しを部分的にするのか、全体塗り直すのかについても、親切にアドバイスいただきました。ホームページで過去の修理例を見ても、仕上がりは信頼できそうで、修理料金もおもっていたより安くて安心しました。

 

【お手元に届いた時の感想】

美しい姿を取り戻した器を見て、本当に感動しました。

漆器の修理をしたのは初めてだったのですが、ものの価値というものを改めて考えさせられました。

安価で粗悪なものを使い捨てに使うよりも、真によいものを長く大切に使うことがかえって安くはるかに豊かなことだと思えました。

本当にありがとうございました。