· 

義母の嫁入り道具だった重箱

重箱の漆塗り修理
重箱の漆塗り修理

◆修理依頼品:木製二段重箱

 

【修理前のお気持ち】

義母の重箱で、経年のため、特に箱の角を傷みが目立ちました。木の部分が見えている箇所もありましたが、色や細工が美しい重箱でしたので、直したいと思っていました。

 

【修理依頼のきっかけや決め手】

ネットで検索して修理してくださるところは数としては思ったより多いことがわかりました。

漠然と何年も修理に出そう出そうと思いながら、時が過ぎてしまいました。iPhoneで手軽に写真を送れるようになり、嫁いだ娘も主婦として落ち着いてきたことから、きちんと修理して手渡そうと思うようになりました。

サイトにアップされている修理の具体例を拝見して、工芸品のようなものだけでなく、日用品も多く修理を手掛けているヒロセさんにお電話してみようと思いました。とても親身に相談に乗ってくださったので、お願いすることにしました。また、見積もり金額も納得のいくものでした。

 

【お手元に届いた時の感想】

元々の色や細工が少し珍しいものだったようで、難しい点があることを予め了承していました。

実際には、想像していた以上の仕上がりで、とても喜んでいます。おそらく義母の嫁入り道具だったと思われますので、義母の母や、なくなって二十七年経つ義母も、娘の手に美しい姿で渡る重箱のことを、とても喜んでくれていると思います。また、夫も喜んでくれました。

とても丁寧に直していただき、本当にありがとうございました。