· 

直して使うことが母の供養になると思った

遊山箱の漆塗り修理
遊山箱の漆塗り修理

◆修理依頼品:遊山箱、二段重

 

【修理前のお気持ち】

遊山箱は80年程前、二段重は60年近く前のもので、傷みが多くあり、使いたいけれど使えない状態だった

 

【修理依頼のきっかけや決め手】

この二つを気にかけていた母が急逝したため、どうしても直して使うことが供養になると思ったので

 

【お手元に届いた時の感想】

残していただきたい部分はそのまま、あとはきれいに塗り直してもらえ、二段重は接合部分が剥がれていたのもきれいに直してもらえて感謝しております。

普段にどんどん使っていきたいと思います。

願いどおりにして頂いてただいてありがとうございました。