· 

【お客様の声】大正生まれの姑の大事な品物

屠蘇器、重箱の部分漆塗り修理
屠蘇器、重箱の部分漆塗り修理

◆修理依頼品:屠蘇器、重箱

 

【修理前のお悩み、お気持ちなど】

手入れが充分でなかったので、引っ越しの時、注意不足でヒビが多く出てしまい、悩んでいました(処分しようかどうしようかと)

吸物椀等剥げた品物は処分してしまい、1組だけ持ってきました(残念)

 

 

【修理依頼のきっかけや決め手】

今年喜寿を迎えますが、趣味の俳句がコロナでメール投句になり、パソコン教室に通い、Ipad等も使用してネットで修理を検索致しました。ヒロセ漆器店が偶然見つかり、対応が良く、出会いに感謝です。

昨年一軒家から駅近のマンションに移り、荷物大整理、やっと落ち着いたので気になっていた修理の問い合わせをしました。

 

姑の形見でデパートの漆器売り場で修理出来るのか聞きましたが、販売した品物、また、販売店が判らないと引き受けできないと言われ、調べました。

 

 

【お手元に届いた後の感想】

姑(大正生まれ)の大事な品物(初ボーナスで買ったとか?)。値段に関係なく色々処分してしまいましたので、孫4人(女の子ばかり)誰かに引き渡したいと思っています。

ひび割れなどあったのが、きれいに仕上がり、来年の正月が楽しみです。

やりとりが丁寧で私も大変安心してお願い出来、嬉しいです。良い出会いで周りの悩んでる方がいたら宣伝しますね。

伝統文化大切にしたいですね。頑張って若い方にも広めてください。