蒔絵で使う金や銀のサンプル

蒔絵の色の違いを口で上手く説明できないと常々思っているのですが、

以前蒔絵師さんにお願いして、金や銀などの色サンプルを作ってもらいました。

金といっても、黄色みがかった金や青味がかった金、粉の大きさによっても色味や輝きがずいぶん変わりますので、そのへんは省略ですが。

↑作ってもらった色サンプル

実際に手に取ってみると違いがあって分かりやすいのですが、写真ではどうも分かりにくいですね。

 

本金、本銀などはお値段も高いので、

金の代わりにLG金(代用金)を使ったり、

銀の代わりにアルミを使ったり。

 

銀や鈴などは、年月を経て酸化していくのが顕著で、表面が黒っぽく変化していきます。

それはそれで、また風合いがあって、私は好きです。