絵柄を残すか残さないか、お客様の判断でお願いしています。

愛用されていた木製お弁当箱の塗り直し

 

右は蓋の表、左は本体の裏側(底の部分)です。

角の部分が剥げている部分があるので、塗り替えてきれいに直すのが一番なのですが、このように絵柄がついている場合は、いくつかの選択をしていただく必要があります。

 

1 絵柄やマークをこのまま残したい

 

2 絵柄やマークを残さないで全部塗りなおして無地のお弁当箱に

 

3 絵柄やマークを残さないで全部塗りなおして、新たに同じような絵柄やマークを入れる

 

大きく分けてこの3つです。どれを選ぶかはお客様次第です。お値段や数量にもよるでしょう。