お客様の大事なモノ+想いを預かるということ

漆器の修理品を送ってくださる際、便箋で書かれたお手紙をいただきます。

 

修理の内容についてはもちろんですが、個人の方から送られてくるものには、ご家族との思い出やご自身の想いなどが書かれていることもあり、いつも心が温かくなることもしばしば。

 

修理してまた使おう、と思っていらっしゃる品物だけあって、単にモノというよりも、大切な想いが込められたモノなんだと改めて感じています。

 

大事に使いたいという想いが込められたお椀が、今日もまた届きました。

 

そういったお客様の想いもすべてひっくるめて、職人さんに修理にかかってもらうようにするのが、せめてもの私ができることなので、「想い」のかけ橋になれるよう心がけています。