ブログカテゴリ:蒔絵



漆器屋あれこれ · 2019/03/11
蒔絵の色の違いを口で上手く説明できないと常々思っているのですが、 以前蒔絵師さんにお願いして、金や銀などの色サンプルを作ってもらいました。 金といっても、黄色みがかった金や青味がかった金、粉の大きさによっても色味や輝きがずいぶん変わりますので、そのへんは省略ですが。

漆器修理例 · 2017/06/23
兵庫県 松井様 なつめの修理のご依頼をいただきました。

漆器修理例 · 2016/08/05
神奈川県 Y様より 銚子が破損しており絵にもヒビが入っているので総塗り替えをし蒔絵の復元をさせていただきました。

漆器修理例 · 2014/10/24
京都府 石川様より 6寸(直径約18cm)の木製の丸重三段 春秋(紅葉と桜)蒔絵の可愛らしいお重です。 部分的に塗りが剥げているので修理をしたいという御依頼でした。 ①部分修理(剥げている部分のみを塗る修理) ②全体的に塗り替えて蒔絵を復元する修理 この2種類で見積もりをさせていただきました。...

漆器修理例 · 2014/07/24
兵庫県 元津様より御依頼 木製角盆の修理でご紹介たG様からの御依頼で、お弁当箱のセットも一緒に修理させていただきました。

漆器修理例 · 2014/02/10
東京都 K様よりご依頼の木製小皿 木製の小皿の修理ご依頼いただきました。表面が茶色く、よく見るとキラキラした粉が入っている塗り仕上げだったので、塗り師さんに確認したところ、これは蒔絵師さんの仕事だろうという話になり、早速見てもらいました。 蒔絵師さんに見てもらった結果、茶金漆に鈴の粉を混ぜて仕上げていることがわかりました。

漆器修理例 · 2014/02/08
兵庫県 S様よりご依頼 6.5寸(19.5cm角)足付の二段重を修理させていただきました。 外側全面にシダの葉が印刷されていて、「福」の文字は銀色で印刷、「寿」は螺鈿(らでん)仕上げです。

漆器修理例 · 2014/02/05
大阪府 Y様よりご依頼 蒔絵の入った木製の重箱と台を修理させていただきました。 台は、真ん中に一本大きなヒビ割れがあるものでした。 蒔絵を助けるために部分修理をすることになりました。

漆器修理例 · 2014/01/31
茨城県 T様 T様のお宅に眠っていた大正時代の重箱の修理をご依頼いただきました。 みごとな昇り鯉の高蒔絵のついたお重箱です。あまりにもみごとな蒔絵なので、そのまま残す形で重箱として機能を果たすようにとのご依頼でした。 8寸の五段重で蓋が2枚ありました。

漆器屋あれこれ · 2013/09/13
漆器に漆で絵を描き金粉や色粉を蒔いて仕上げるのが蒔絵師さんのお仕事です。 先日たまたまお邪魔した時に、ちょうど私がお願いしている大きな菓子鉢に絵を描いているところでした。 そこで目に付いたのが蒔絵師さんが作った紙の型です。この型を使って絵を描いていくのですね! どんな仕上がりになるか・・・すごく楽しみです♪

さらに表示する